治療期間中の注意

汚れのコントロール

矯正治療中の歯、歯肉への汚れのコントロールは特に成人の方には重要です。

 歯につくよごれの殆どはバクテリアのかたまりです。これにより歯槽膿漏が進行することがあります。
予防としては患者さんご自身で歯ブラシをしていただくことは勿論ですが、どうしてもご自身でとれないよごれに関しては、通常、来院時に毎回プロフェッショナルなクリーニング処置を行います。


染め出し前

染め出し後

虫歯と歯槽膿漏

 矯正治療中の、歯ブラシが行き届かないと矯正器具の周囲が、白濁するような表層の虫歯ができることがあります。

< 対策 >
 矯正治療前にしっかりと歯ブラシの指導を行いますので、そのとうり実行していただければ問題はおきません。

 年令の若い患者さんにはおきませんが、元来歯周病の要素をお持ちの方の場合、歯ブラシが悪いと歯槽膿漏が進行することがあります。

< 対策 >
 この場合の予防策は、矯正治療前、治療中に徹底して口腔内の汚れをとり、きれいな状態を持続することです。
 毎回必ずプロフェッショナルな、予防処置の時間をとって対応します。また、ケースにとっては、歯周病の専門の先生と協力して治療にあたる場合もあります。しかし、矯正治療により、歯並び、噛み合わせがよくなりますと、逆に歯槽膿漏の進行を抑える効果があるのです。

わかる矯正歯科

杉山矯正歯科医院ロゴ 杉山矯正歯科医院 杉山晶二
東京都渋谷区神宮前4-16-3 B1
03-5411-4450
* KAZ矯正歯科 高橋 和明
東京都千代田区神田神保町2-9
0120-418-704